タロット

5/1 皇帝・ペンタクルスクィーン

1:29

横浜関内占い月天子に12時から20時ころまでいます。

今月の鍵は、皇帝。
今日の鍵は、ペンタクルスクィーン。




















今月は、皇帝と一体化します。
僕は仕事柄、タロットと生活を結び付けて考えるようになっています。大きく言えば<僕=タロット>。生き方と占いが結びついている。

生き方。
ヒッピーに成りたいと思い、二十年くらいかけてヒッピーに成れた。
いまは、もう少し推し進めて瑜伽者になりたい。






皇帝
もちろん占い上では、支配、力、権力、戦い取るなどのキーワードから連想していってください。
相手がある戦いだけではなく、自分自身の未来を創り上げることも意味します。克己心が必要な時でもあります。

実占では、<設計>という言葉から連想を広げてみて。


生き方として、皇帝を捉えたらどうなるんだろうか。
支配や、権力というならば〈悪魔〉を持ち出しても良い。指導力というならば〈法王〉でもいい。
〈皇帝〉に際立ったものとして「思惟」があるのではないかと最近は考えています。
なぜか近頃は、弥勒菩薩半跏思惟像と皇帝が重なる。

実占では必要ないかもしれないが、今月は「思惟(しゆい・しい)」と一体化する。
思惟、心作用の一つで対象を思考し分別する。

たんに考えることではないようだ。








ペンタクルスクィーン
経済的自立。家庭的。繁栄。堅実な考え方などから連想されるもの。
堅実な行動、考え方から生み出されるもの全て。







皇帝・ペンタクルスクィーン
今日は〈ペンタクルスクィーン〉を思惟する。




ツツジが真っ盛りです。
あの子の命日が近い。この子もペンタクルスクィーンだった。

淋しいなぁ。

タロット

4/30 ありがとうございました

23:57



4月30日に生徒たちによるタロット鑑定会を行いました。
初夏の兆しで暑いくらいの気候の中、たくさんの方に来ていただきました。

ありがとうございます。

僕自身が、まだまだ発展途上ですし、生徒たちもまだまだ荒削りの初心者です。
だが、占いに対する姿勢は真摯です。


占いを勉強している途中はどうしても自分や友人を占う事しかできず、初対面の人を占う機会がありません。そのため、実占の場に出ると戸惑い、なにをどのように占うかを占う側が混乱してしまう場合があります。

それを避けるために、皆様の力で生徒たちを鍛え上げてもらう場として、鑑定会を開いています。

今日も終了後の反省会では、生徒たちはそれぞれの課題に気が付きました。その課題を克服するのは並大抵の努力では難しいところもありますが、各人は努力していきます。
僕も応援していきます。


次回は7月30日(日)に行います。
生徒たちを鍛え上げるために、皆様のお力が必要です。ぜひ、ご協力ください。
宜しくお願いします。


中川昌彦

タロット

4/30 運命

1:27

東京江東区で生徒たちによる無料タロット占い会を開催します。
ぜひ、ご協力をお願いします。


先月と今月は毎日毎日、運命の輪について感じ、考え、思い続けてきました。
それほど忙しい男でもないし、かといって暇で悩むこともなく、時間を作ることが出来ました。


運命の輪。
僕は運命に動かされているのではなく、運命を動かしているのでもなく、僕が運命なのだと知りました。

まだ、僕は運命の段階。自分があり、運命がある。
いつかは、自分がなくなり、運命も無くなる時が来る。
常に転ずること暴流の如し。阿羅漢の位に捨すというときが来てほしい。

ただ現世じゃ無理だなぁ。

現世では、あと五年後。五黄土星年。西の七赤金星。インドに移住。
ボンベイからちょっと離れたところにウーティという避暑地があります。小高い山に囲まれた小さな町で緑がいっぱい。
今はどうなっているんだろう。

そこで一年ぐらい骨休め。

そのあとは、瑜伽者になり遊行。ボン・シャンカール。
僕・運命だ。




今日は、ペンタクルスナイトが鍵。
自分の持っている土・動かぬものをどのように使うかをしっかりと腰を定めて見通す。

今は、自分や土・動かぬものへの愛着があって善し。





運命の輪・ペンタクルスナイト
腰を据えて遠くを見る。そんな一日にしましょう。






あと半年で64歳か。
平成も30年。平成と昭和と半々ぐらい味わった。
「あの頃に戻りたい…」という時代が無いのは嬉しい。




4月30日(日)無料タロット占い会(東京江東区)
皆様のご協力をお願いします。



今月のインタビュー、運勢を掲載しています。
横浜関内・東京秋葉原の占い師中川オフィシャルサイト

タロット

4/29 今を生きる

1:15

東京秋葉原占いマクトゥーブに12時から21時ころまでいます。
今月は、運命の輪について考えています。
今日は、ソードナイトをとおして運命の輪を身につける。




















運命の輪
最初にタロットに触れたころ、このカードからは「カオスをこの世の理として受け止めること」いう理解の仕方だった。

次に「カオスのなかに秩序を見出すこと」に変わった。

今はどうだろう。「カオスはない」という風に変わったかな。
運命の輪は、とってもシンプルに機械的に回転している。天秤のように片方が下がれば片方が上がる。偶然の要素は無い。
梵的に言えば、神々ですら運命の輪に従う。ボン。

そして、過去はもう無いし、未来もない。あるのは今だけ。今すら心してかからないと掴みどころがないまま滅してしまう。





ソードナイト
ちぎれ雲が嵐を予兆させます。雲、雨、雪、鳥、雷などのシンボルは同じカテゴリに入れましょう。

強風が吹いていることが樹木からうかがえる。
風上に猛スピードで突進していく若者。彼には逆風すら心地よく感じるのかもしれません。




運命の輪・ソードナイト
今日がチャンスです。挑戦しよう。



4月も終わり。
関東平野部では八重桜、ツツジなど花盛りです。

なんとか今年も春を生き延びられそう。
3月4月のキーカードが運命の輪の連続でした。運命ってなんだろう。

占いを仕事とするちょっと前あたり、突然夜中に「あ!俺はヒッピーになれた」と分かった。
ヒッピーに成りたかったんだよなぁ。40を過ぎてようやく成れた。ヒッピーのまま死ねたらいいな。


4月30日(日)無料タロット占い会(東京江東区)
皆様のご協力をお願いします。



今月のインタビュー、運勢を掲載しています。
横浜関内・東京秋葉原の占い師中川オフィシャルサイト
 

タロット

4/28 安楽に過ごす

1:45

東京秋葉原占いマクトゥーブに12時から21時ころまでいます。
今月は運命の輪について考え、行動しています。
今日は、ワンド4をとおして運命の輪を身につける。
そして、来月のカードを引いたら皇帝だったので、皇帝も考えながら動く。





















運命の輪。
3月4月と連続して、鍵が運命の輪だったので折に触れ運命を考え、行動してきた。
運命に従って生きるということなんだが、〈運命〉を知らないのに従うのは生理的に受け付けない。
〈運命〉を知りたい。

もしかすると仏教でいう縁起に近いものかもしれないと思っています。
システマチックなものではないだろうか。




皇帝。
絵柄から支配や権力などを連想しやすいけど、実際的な支配力なら法王、権力ならば悪魔のほうがパワーがありそう。王の姿をした智そのものではないだろうか。




運命の輪・ワンド4
身体的、精神的、心理的に疲れていないかもしれないが、今日はのんびりしましょう。春爛漫だし。


姉は淫売 妹は芸者 末のチョロ松ァ博打打ち 兄貴ゃ火葬場で骨拾い
俺ら上野でモク拾い こんな一家に誰がした
by岡林信康



4月30日(日)無料タロット占い会(東京江東区)
皆様のご協力をお願いします。



今月のインタビュー、運勢を掲載しています。
横浜関内・東京秋葉原の占い師中川オフィシャルサイト


タロット

4月30日(日)無料タロット占い会(東京江東区)

2:16


開催日時:2017年4月30日(日)13時~16時ころ
鑑定料金:無料
鑑定時間:一人の生徒に対して30分程度です
予約は不要です。
開催場所:東京都江東区白河 1-2-12-1F アーツ&クラフツギャラリー コピスの斜め向かいのカフェ2F
東京メトロ半蔵門線/都営大江戸線「清澄白河駅」 A3出口より徒歩1分

僕も傍にいますので誤占(タロットのリーディングミス)はありません。
何人も生徒がいますので、同じ質問をしてみるのも面白いですよ。

占いを勉強中の時は自分や友人を占うしかなく、初対面の人を占うという機会がありません。
生徒たちを一人前の占い師に育て上げるために、皆様の力をお貸しください。

生徒と言っても、プロの僕が教えている人たちです。人を占うことの重大さは、みな覚悟しています。
宜しくお願いします。


問い合わせ先
中川昌彦
090-1779-6854

タロット

4/27 無我

2:15

休みです。

今月は、運命の輪について考え学んでいます。
今日は、ペンタクルス6を通して運命の輪に近づく。





















ペンタクルス6
こないだも出たな。「商人の姿をしたものが困っているものに与える」とあります。
一方的に与える。見返りを求めない。
たぶん、こういう行為からしか得られないものがあるのでしょう。

それは〈正義〉に描かれている天秤にも繋がるものかもしれない。

布施。
布き施す。死蔵しない。
昔、祇園精舎を仏陀に捧げようとした商人だったか、娼婦がいました。
土地の持ち主の王様から購入するとき、代金として王様の言うがままに黄金を土地全体に布きつめ買い受けたというところから来ていたと思う。

無償の愛とか、思いやりとか、気づかいではないよ。
ペンタクルス・動かぬもの・触覚で感じられるもの。これを見返りを求めず施す。
小アルカナ、日常の行為の中にこそ修業がある。







運命の輪。
過去の業の結果、「なるようにしかならないさ」と虚無に陥る傾向があります。必死に踏みとどまっている。

昨日、生徒の一人が「先生になにかあったときの連絡網をつくりたい」みたいなことを言いました。「急逝したとき?」みたいなことを聞きかえしたら苦笑いみたいな感じ。


俺ってこんな感じなんだよなぁ。ここで誰かが死んじまったら公園の片隅に運んで、残った者はしばらく身を隠そうなんてぼそぼそと呟き合っていた時代が長すぎたのかもしれない。

生ある限りは全力で生きるが、死んじゃったら葬儀とか墓とか別にどうでもいいと思っています。 ゴミの日に回収してもらっても構わない、燃やすごみなのか、不燃ごみなのかの問題はあるし、法律的にどうなのかという問題さえクリアすれば、ゴミの日で無問題。

先祖は供養し感謝したほうが良いが、お墓を立派にして法事をなんちゃらってのは違う気がする。
無縁仏とかいうじゃん、仏・覚者になったら縁起から離れるから無縁になって当然だろうよ。葬儀とか法事は生きている者の為だと思う。

ベナレスではごく普通の旅行者のように街角で火葬をするところを観に行きました。
ま、それなりの想いは起きた。

インドに行くと死生観が変わるという。
火葬を観てもそれほど大きなものは感じなかったが、荼毘にふしている最中の亡骸を食おうと待ち構えている野犬の群れの狂った目つきを見たときはウッときた。

いまでもあるのかな。
インドでは四住期という考え方があります。歳をとったら住まいを持たず乞食遊行生活をする。
そして旅の途上で臨終を迎える。

日本だったらお遍路さんの途中で臨終を迎えるようなもんかな。野坂昭如の小説で兄妹が巡礼をしている小説があった。妹は娼婦で梅毒にかかり悪化してくと言う哀しい話だった覚えがある。





運命の輪・ペンタクルス6
捨身飼虎




 

輪廻というのはあるんだろうか。地獄とか極楽、天国とはあるんだろうか。
なきゃないで構わないが、あったとしたらまずいので保険として善業を積む(笑)

ほんと、無知で恥ずかしいが、つい先日まで大乗仏教ってのは悪行三昧でも死ぬ直前に南無阿弥陀仏とか心から唱えると阿弥陀様が五色の雲に乗って迎えに来てくれると思ってました。

さすがに極楽が酒池肉林だとは全く思っていませんでした。だけど、極楽に生まれ変わった俺は苦しみも痛みも悩みも哀しみもなく、極楽浄土の片隅で説法を聴いているんだろうなぁとか妄想してた。。。

なんか違うみたい。
俺が極楽に生まれるのではないみたい。
〈俺〉は無いし、〈俺を産みだすもの〉も無い。それが極楽みたい。




4月30日(日)無料タロット占い会(東京江東区)
皆様のご協力をお願いします。



今月のインタビュー、運勢を掲載しています。
横浜関内・東京秋葉原の占い師中川オフィシャルサイト

人気の投稿