2017年6月25日日曜日

Published 1:28 by with 0 comment

6月25日(日) 審判・ソード7

休みです。
今月は〈審判〉、今日は〈ソード7〉

〈ソード7〉
The design is uncertain in its import, because the significations are widely at variance with each other.

ウェイト氏はめちゃくちゃだなぁと思う解説をしています。
実占時には、軽い裏切り、計画を立てる、一人になる、だれかが離れるなどというてんでんばらばらな意味があります。
占的、出たポジションなどによってしっかりと読んでください。

誰かに裏切られとしても、損失が即出るという感じでは読まないこと。心理や潜在部分に出たときは質問者が疲れちゃって一人になりたいなぁぐらいの感覚でいるときもあります。
僕もちょっと疲れてます。温泉に行きたいな。



切っ先を素手で握っている点。
ここも(危険)という意味合いを強めないこと。(剣を握る場所を再確認する)ぐらいで良いことのほうが多い。



〈ソード5〉とは全く違う視点から見つめてください。なんせ全体が黄色です。



僕は勝手に一匹狼のカードと名付けています。
人間関係作りが下手だと悩んでる人が多くなったなと感じてます。僕の一方的な思い込みでめちゃくちゃ偏見に満ちてるが、大声で言いたい。
人間関係が得意だなんて奴にろくなのはいない。
「世渡り上手の罰当たり」と昔から言われてます。

孤高をきどる必要は全くないけど、一人って大切。




〈審判〉
救い合う。



〈審判〉〈ソード7〉
仲間の中におれば、遊戯と歓楽とがある。また子らに対する情愛は甚だ大である。愛しき者と別れることを厭いながらも、犀の角のようにただ独り歩め。
スッタニパーダ 岩波文庫 中村元


独りで生きることを覚えることで、他人と助け合い感謝することをより深く感じると思います。

1990年6月25日
五日後に運命が変わることも知らず、静かに死ぬ準備をしていた。キラキラ光るガラス管の中に真っ赤な地図の花が咲く。電卓を叩いてみると、あれから236520時間が過ぎた。

1990年6月25日の俺を知っている人はほとんどが死んじゃった。淋しい。

自嘲でも気取りでも露悪でも何でもなく、俺はヘタレの死にぞこない。
だからこそ、出来ることがあるはずだと考え、最善だと思うことを行為しています。




7月30日(日)無料占い会@東京江東区清澄白河

6月の運勢をアップしました。
6月のインタビューをアップしました、今月は「タイムマシンの旅」です。
中川昌彦オフィシャルサイト       
 



続きを読む
      edit

2017年6月24日土曜日

Published 13:53 by with 0 comment

7月30日(日)無料占い会@東京江東区清澄白河



僕がタロットを教えている生徒たちによる無料占い会を開催します。
開催日時:2017年7月30日(日)13時~16時ころ
鑑定料金:無料
鑑定時間:一人の生徒に対して30分くらい
開催場所:東京都江東区白河 1-2-12  アーツ&クラフツギャラリー コピス

予約はいりません。ご都合のいい時間においでください。

東京メトロ半蔵門線/都営大江戸線「清澄白河駅」 A3出口より徒歩1分
僕も傍にいますので誤占(タロットのリーディングミス)はありません。

何人も生徒がいますので、同じ質問を、他の生徒たちにしてみるのも面白いですよ。

生徒たちを一人前の占い師に育て上げるために、皆様の力をお貸しください。 生徒と言っても、プロの僕が教えている人たちです。人を占うことの重大さは、みな覚悟しています。 宜しくお願いします。



6月の運勢をアップしました。
6月のインタビューをアップしました、今月は「タイムマシンの旅」です。
中川昌彦オフィシャルサイト       






続きを読む
      edit

2017年6月23日金曜日

Published 23:22 by with 0 comment

6月24日(土) 審判・カップキング

東京秋葉原占いマクトゥーブに12時から20時ころまでいます。
今月は〈審判〉、今日は〈カップキング〉

〈カップキング〉
玉座は海の上、船と海獣が描かれています。
波は荒立っている。このカードは、たとえ正位置に出たとしても〈水〉の大きな揺らぎをあらわします。

意味は、優しい人、芸術性のある人、創造性のある人など。
あるいは質問者が霊的特性を活かすときにも出ます。

実占時には、感情を揺るがすような出来事が起きる可能性を観る事が大事です。


感情が揺るがない日々を過ごすのが理想の一つだけど難しいね。

昨日も、俺だったらどうなるだろうと考えてしまった。
猫たちがいるからすぐにってはならないだろうが、確実に狂うだろう。

人はみな死刑囚のようなものだと言った哲学者がいるが、えふゆーしーけー。
だれが死刑宣告をした?神?www
なんの罪で死刑執行される?原罪?www
だれが俺の死刑執行ボタンを押すんだ?HIVウィルス?オピオイド?www

歳をとると唯一絶対神への信仰が深くなる人が多いようだが、僕の場合はますます薄くなっています。
そして、この世にはなにかの秩序があり、その中で生まれ老いて病んで死んでいくという確信は強くなっています。偶然は無い。全ては必然。

死刑囚のように看守の足音にビクつく日々を過ごす必要は絶対に無い。



〈審判〉
3人以上の驚きと歓喜の姿。すべての人が救済される。

〈審判〉〈カップキング〉
楽に生きるため、単純で誰にでも理解できる(なにか)があるはず。



1990年6月24日
ひっそりと静かに死ぬ準備をしていた。仕事場、家、ある所しか行かなかった。
(なぜだか)輪が回った。



死んだあと家族になにを残せるだろうか。


7月30日(日)無料占い会@東京江東区清澄白河

6月の運勢をアップしました。
6月のインタビューをアップしました、今月は「タイムマシンの旅」です。
中川昌彦オフィシャルサイト       
 
 
続きを読む
      edit
Published 14:44 by with 0 comment



「月がきれいですね」
「死んでもいいわ」

恋って、相手の欠点がなにも見えなくなる心の状態を指す。




欠点がまったく見えないから、不安も心配もない。
だから友達や親兄弟に相談することも無い。仕事柄こんなことを言っちゃまずいが占いに来ることも無い。

そんな状態になるのは、一生で一回あるかないか。

こういう状態にならずに一生を終える人も多いんじゃないかな。



〈カップ2〉
人の一生の一刹那を切り取ったものが小アルカナだと考えています。
運よく恋をすることが出来たら、僕たちはなにを学べるだろうか。
続きを読む
      edit
Published 0:24 by with 0 comment

6月23日(金) 審判・ペンタクルス8逆 


東京秋葉原占いマクトゥーブに12時から21時ころまでいます。
今月は〈審判〉、今日は〈ペンタクルス8逆位置〉
〈ペンタクルス8〉
石を使って彫刻をしている男の姿です。トロフィーのようにペンタクルスを積み上げているとも述べられています。

この人物は街に背中を向けています。世間の評判に背を向けてコツコツと実戦に備えているのでしょう。
実際に占いの場では、コツコツと実務に励んでいる方によくでます。

だが、今日は逆位置に出た。
実績が積み上がらない。
なぜか理由があるはず。ウェイト氏は〈ペンタクルス3逆位置〉とは違い、もうすこし邪な意味を与えています。

意図的な才能の誤用ということから連想してください。
気を付けようね。

準備不足や力のなさというなら〈ペンタクルス3逆位置〉のほうが強いかな。
〈ペンタクルス8逆位置〉は、なまじ力があるだけ取り扱い注意です。

昨日は休みだったんでワイドショーを観てた。
自民党の豊田議員の暴言暴行のニュースが多かった。東大を出て留学、厚労省、衆議院議員という力のある人みたいだが、才能の誤用。〈ワンドクィーン逆位置〉になった。ワンドのコートカードには暴力的な匂いがある。



住田さんというコメンテーターが彼女の経歴を見て「エリートコースではないですね」とばっさり切ったのを見てふーんそうなのかと妙な感じ。 
とりあえず「ハゲー」と言ったのは悪い。

モニタリングという番組を時々観てます。ドッキリ番組なんだけど作家がいいんだろうな、面白い設定がよくある。
昨日は「時間が巻き戻る喫茶店」というのをやってました。妻と二人で観ていて「俺だったら最初の段階でヤバ、もられたかなと思って逃げ出し病院に行く」と言ったら「あんたの反応は・・・(笑)」
カツラがズレるというところで笑いをとる個所がありましたが、あれはそろそろ止めたほうが良い。

周囲に何人かいるけど、最近は癌も早期発見で抗癌剤治療も進歩してます。だがやはり副作用がある。身体中の毛が抜ける。もちろん毛髪も抜ける。癌の治療をしながら働く人も増えているのでカツラを着けながら働く人も増えています。



〈審判〉
昨日、〈ペンタクルス9〉のカタツムリの疑問を書いたところ、カタツムリの情報を貰えました。
雌雄同体のようです。これは〈世界〉に繋がる。もとは巻貝だったよう、これは〈月〉に繋がる。

前から言っているように、小アルカナの中からでしか大アルカナへと繋がることが出来ない。なぜなら小アルカナは「行為の刹那を切り取ったもの」だから。行為を通してしか心を探れない。
〈ペンタクルス8〉はもちろん〈隠者〉です。

ちょっと前に書いたが、宇宙原理、超越神、天地創造神、梵などを持ち出さなくても、このカードは身に着くはず。



救済がテーマのカードです。
もちろん自己の救済でも全く構わない。しかし、せっかくだから他者の救済にも目を向ける。






〈審判〉〈ペンタクルス8逆位置〉
救済のため、力を正しく使う。正しい言葉、正しい思考、正しい態度。
難しいなぁ。〈8〉がからむと厄介ですよ。





 1990年6月23日。静かに準備をしていた。7月1日に運命が変わるとも知らず。

誤解を恐れずに言えば、「未来を知る必要がある?」
未来は「幸せ」じゃん。
その未来に到達するために、今なにをするかを観るのが占いだと信じています。

いまこの瞬間にも〈運命の輪〉が廻っている。


7月30日(日)無料占い会@東京江東区清澄白河

6月の運勢をアップしました。
6月のインタビューをアップしました、今月は「タイムマシンの旅」です。
中川昌彦オフィシャルサイト       
 


続きを読む
      edit

2017年6月22日木曜日

Published 1:20 by with 0 comment

6月22日(木)審判・ペンタクルス9 

休みです。
今月は〈審判〉、今日は〈ペンタクルス9〉

〈ペンタクルス9〉
知っている方がいたら教えてください。
地面に描かれている虫はどういう意味があるのでしょうか? カタツムリだと思うんだが、シンボルとしたら甲殻類という分別でいいのでしょうか?


意味は、見たまんま。「成功」「達成」です。だが、ここでとどまることは意味しない。
なぜ、鳥が飛ばずに彼女の手に止まっているんだろう。鳥は雲や虹と同じく天界のメッセージ。

葡萄が実った畑。畑は大地を耕す行為を表し、大地を耕すことは日々の生活に丹精をこめたということの象徴。
〈ペンタクルスエース〉が大地に花を咲かすことでゲートを作り上げたように、〈ペンタクルス9〉は自分の持てる能力(衣装の模様から連想できるように、性的能力も含む)を思いっきり使い、成功することで、鳥・天界のメッセージを聞く。
全力を尽くし成功すること。



ちょっと前にアスリートが「成功を求めるな、成長を求めろ」みたいなことをつぶやいて炎上してました。個人的には、成功も成長も欲しい。

諦めない人だけが成功するのか、諦めた人だけが成功するのか。
こればっかりは人それぞれだなぁ。
あ!ちょっと格言めいたことばが閃きました。
「諦めないことで成功し、諦めたことで成長する」



人物のポーズにも意識をとめること。
〈ソード7〉〈ソードペイジ〉にもつうじます。「注意深く」というイメージをリーディングに付け加えると深みが出ますよ。


恋愛で観たときに〈ペンタクルス10〉ではないことを忘れずに。



〈審判〉
キリスト教的には最後の審判のシーンを描いていると述べられています。


ヒンドゥー教的には梵我一如。
仏教的には涅槃?イスラム的にはスーフィズム?

その境地に至る過程。天使も歓喜にわく人々も一体化することを目指すカードと読んでも構わないのじゃないだろうか。神秘思想。
ニューエイジ的に言えば、Doors、知覚の扉。

羊の首を切り落として供儀としていた風景が忘れられない。そのあとで俺も食べてしまったんだが。

今日は〈世界〉を目指す過程として〈審判〉を思ってみますか。



〈審判〉〈ペンタクルス9〉
全身全霊で区別のない境地を目指す。自他の境のないところを目指す。
何のために?救済のために。

ときたま、いわゆる霊能と称する人たちをクソミソにいう事があるんで信じないのと聞かれることがある。
チュート半端なのが嫌いなのです。僕は自分をオカルティストだと思っています。

チュート半端に「○○は気が悪い」とか「××と悪霊を祓ってきた」とかいう連中が大嫌い。
「お前の頭の悪さを治しなさい、頭のハエをはらいなさい」と言いたいw


僕たちは、順番がきたなら躊躇いなく知覚の扉を開けるべきだとすら思っています。




そう、順番があるんだ。これが不思議。たとえば小説アルケミストの一節。オアシスにたどり着く直前。すぐそこにオアシスがある、夜が来た。そのときのラクダ使いの言葉。




1990年6月22日
目立たないように、ひっそりと死ぬ準備をしていた。どん底だと思っていたしね。ところが・・・まだ底があったことに数年後に気が付く(笑)



生き延びたのは、扉を開けたからだと信じています。


7月30日(日)無料占い会@東京江東区清澄白河

6月の運勢をアップしました。
6月のインタビューをアップしました、今月は「タイムマシンの旅」です。
中川昌彦オフィシャルサイト       




続きを読む
      edit

2017年6月21日水曜日

Published 15:19 by with 0 comment

これは梅雨ではない


これは梅雨ではない。
ゲリラ豪雨だ。

雨って不思議。
外で働かなきゃならないときは憂鬱を呼び起こし、引き篭もりのときは安らぎをもたらす。
屋根のあるところに住んでいるとほっとする、屋根のないところで夜を過ごしているときは辛い。



今でもあるのかな、ヤマギシの標語というかスローガンというかなんというか。
よく「はれはれ」と言っていた。「晴れのち晴れ」
「ハレハレクリシュナ」じゃないよ(笑)

今日は夕方まで予約がない。久しぶりに暇です。誰か来てください。




半世紀ほど前はほとんどの道路が舗装されていなかった。
雨上がりにはあちらこちらに水溜りができて、アメンボウが水面をすいすい動き回っていた。今でも馬鹿だけど幼少期はもっと馬鹿でさ、忍者になりたかった。忍者って水上歩行ができると信じていた。だからアメンボウに憧れてました。アメンボウは消えてしまった。

自然を取り戻せと言って舗装道路を掘り返す環境保護団体ってあるのだろうか。シーシェパードより過激になるかもしれない。世界中の舗装道路をツルハシでほじくりかえす。
ググったら舗装反対運動っていくつもありました。だが道路全部の舗装をやめろというのは無いみたい。
よし!環境保護だ!舗装道路をぶっ壊せ!賛同者募集と書いたら共謀罪の監視対象になったりしてw


カルカッタの雨もひどかった。道路は水浸し。腐臭。

今まで嗅いだ香りで一番良かったのはなんだろう。昔、マリリンモンローを思い出してシャネル№5を買ったことがあるけど、あれは誰にあげたんだろう。思い出せない。 カルカッタの娼婦にあげちゃったのかもしれない。どうでもいいかもしれないが、カルカッタの売春街はカーリーテンプルの近くです。
たぶん洋の東西を問わず聖域の近くには売春街があるはず。たとえば吉原。おかげ横丁もそうだったと聞いたことがあります。

傘がない

そう、傘がない



続きを読む
      edit