2017年6月5日月曜日

Published 0:09 by with 0 comment

6/5 審判・カップナイト 

横浜関内占い月天子に12時から21時ころまでいます。
今月は〈審判〉、今日は(カップナイト〉

〈審判〉
描かれている海。これは深層心理。歓喜は個々の体験。内なる声が聞こえ、解放される内なるもの。
棺は物質。物質から解放される意識。

Let the card continue to depict, for those who can see no further, the Last judgment and the resurrection in the natural body; but let those who have inward eyes look and discover therewith.

ここは、どう訳すのかな。
「見ることのできる者」にも「見ることのできない者」にも「復活」はあるということ?
善者も悪者も、いずれは「ラッパの音」を聞く。

どんな存在も救済されることを、このカードは表していると思います。

人間関係での悩みってすごく多い。親子、夫婦、同僚、友人、近隣などなど。
悩みの種類も様々、イジメ、無視、嫉妬、放置、暴力、虐待など。
苦悩の根本は、死と人間関係だけじゃないかとも思う時すらあります。

嫌いな人、苦手な人、憎んでいる人がいたとする。
その人が救済され楽になるイメージは出来ますか。救済の手助けをできますか。
このカードは、そこまで要求していると思う。


実占時には、質問者が重苦しいものを取り除き光を見出す時に出ます。生きづらさは何から来るのかを確認すること。




〈カップナイト〉
意味のある幻を視ること。兜は翼が飾り付けられています。ヘルメスでしょう。







〈審判〉〈カップナイト〉
ゆっくりとした動作を心がけ、意識を内に向けて生きづらくさせているものはなにかを見る。

争いも平和もない世界。
愛も憎しみもない世界。
光も闇もない世界。

理想だ。



今日は芒種。
イネ科の種子を蒔くころとされています。梅雨入りも間近です。
今年の夏はなにをしようか。




6月の運勢をアップしました。
6月のインタビューをアップしました、今月は「タイムマシンの旅」です。
中川昌彦オフィシャルサイト  
      edit

0 コメント:

コメントを投稿