2017年6月15日木曜日

Published 1:07 by with 0 comment

6月15日 審判・ペンタクルスクィーン逆位置

休みです。
今月は〈審判〉、今日は〈ペンタクルスクィーン逆位置〉


〈ペンタクルスクィーン〉


whose qualities might be summed up in the idea of greatness of soul
その才能は、魂の偉大さという考え方にまとめることができます



〈ペンタクルスペイジ〉、ペンタクルスをささげ持つ。ペンタクルスを尊重し学び身につけていく姿。
〈ペンタクルスナイト〉、ペンタクルスを見つめず、足を止めている。ペンタクルスをどのように使うかを考えているようだ。
〈ペンタクルスキング〉、ペンタクルスを築き上げた男。守るため、もっと獲得するためには鎧をちらつかせる男。


では、〈ペンタクルスクィーン〉は?
いとおしげにペンタクルスを見つめている。育むというイメージが湧いてきます。
単に可愛がるのではない、育む。そのためには、知性ということの重要さがあります。そのことも、このカードは表しています。

不思議だよね、〈土〉の女王でありながらも、魂について述べられています。
では、魂とは何か?
これは人それぞれに解釈していいと思う。宗教、思想、信条によっても違うでしょう。
僕は「意志」に近いものではないかと考えています。



こうなるぞ!という志。
僕は「善い占い師になる」


ただ、今日は逆位置に出た。
知性が鋭くなりすぎることへの警告ならば、<ソードクィーン逆位置>でいいでしょう。
私たちの魂の偉大さを軽く扱うことへの警告だと思います。



〈審判〉

It should be noted that all the figures are as one in the wonder, adoration and ecstacy expressed by their attitudes.
すべての人物が・・・


ここに、このカードの意味が現れていると思います。
「すべて」です。



〈審判〉〈ペンタクルスクィーン逆〉
意志を他の人のために使っているか?
今日は、ここが問われます。



毒を食らわば皿まで・・・とはちょっと違うが、しつこく書く。

1990年6月。
俺は死ぬ準備をしていた。ク○みたいな日本で死にたくなかったんでヤワラートかカルカッタへ飛ぶ予定をしていた。そのためのお金を貯めていた。
今ならサラ金で借りて逃げちゃうが(このへんの発想が人としてクズだw但し占いの腕はすごい)、あのころの俺はサラ金にすら見放されていた。クレカなんてのも論外。働いて貯めるしかなかった。

静かに、静かに、準備をしていた。
寂しさって心の痛みだけじゃなく、肉体の痛みも引き起こす。痛みを感じながらも平静に仕事をし、ヘラヘラ笑いながら着々とお金を貯めていた。





翌月に運命が変わるともしらずに(笑)
努力も不要、忍耐も不要で運命が変わることもある(笑)


急がないで!!
一寸先は闇というけど、その反対に一寸先は光ということもあるからね。


6月の運勢をアップしました。
6月のインタビューをアップしました、今月は「タイムマシンの旅」です。
中川昌彦オフィシャルサイト      
      edit

0 コメント:

コメントを投稿