2017年9月5日火曜日

Published 23:44 by with 0 comment

9月6日女教皇・ペンタクルスナイト逆位置



東京秋葉原占いマクトゥーブに12時から17時までいます。
本日は17時に閉室します。



今月は、女教皇。今日は、ペンタクルスナイト逆位置。
ここんとこコートカードの逆位置が続いている。もうすぐ節変わりのせいか運気の変動がある。


ペンタクルスナイト逆位置。
この人物は、彼が乗っている馬のようだ。そして手にしているペンタクルを見ていないとも述べられています。
ペンタクルスペイジでは少年のペンタクルは手の中で浮いていました。このカードでは手にしている、しかし見ていない。遠くを見ている。どのようにペンタクルを役立てようか深く思惟しているようです。まるで、皇帝のよう。



今日は逆位置に出た。
遠くを見ることをしない。馬の脚が弱弱しい。手にしているペンタクルが気になり見てしまう。こんなイメージでしょうか。




実占時に、心理や顕在部分に出たなら、それほど強く読まなくても構わない時があります。流れが上向いている時などね。



実際に、此の世がペンタクルスナイトなんてことがあるのか。
明日ありと思ふ心のあだ桜夜半に嵐の吹かぬものかは
親鸞上人絵詞伝
何年か前に青蓮院の青不動を拝観した。もちろん、夜の拝観。 機会があればぜひ。







1990年夏。死ぬ準備をひっそりとしていた。カルカッタのチャイナタウンかバンコクのヤワラートで静かに死ぬ予定だった。この予定を、ある人だけはうっすらと感じていたようだが止めることも無かった。残念だが、彼のほうが先に逝ってしまった。
なんだかなぁ、生き残らせてもらった。(生き残らせてもらった、だったらすることがある)とでも思わなきゃ、ソード9でやってらんない。





女教皇。
遠藤周作氏の小説「深い河」には、亡き妻がインドで少女として転生したという話を聞き会いに行く男性が描かれています。
どんなに平和な時代、恵まれた環境、素晴らしい容姿に生まれても、白い柱と黒い柱に支えられたこちら側の世界で、ベールの向こう側じゃ無いんだよなぁ。


ぶっちゃけ、転生に飽きた(笑)。






女教皇・ペンタクルスナイト逆位置
コートカードは正逆反転しやすい。意志の力で逆位置を正位置に戻す。そして基盤を作る。





Love & Peace
9月の予定をアップしました。9月22日(金)、30日(土)はお水取りの為臨時休みにします。
9
月(9月7日から10月7日)の運勢をアップしました。
9月のインタビューをアップしました。2017年9月「虫の話」
中川昌彦オフィシャルサイト      
 

      edit

0 コメント:

コメントを投稿