2018年5月10日木曜日

Published 1:06 by with 0 comment

5月10日(木) 女帝・ソード2

出張鑑定です。

今月は、女帝。今日は、ソード2が鍵です。

ソード2
つい先日も出たな。
月夜。島影が浮かぶ波の静かな海を背後にして女性が目隠しをして、剣を持った腕を交差している。




いくつものシンボル的解釈があります。
ロビンソンクルーソーじゃないが、孤立や孤独という意味がある。

無人島か、いいな。数年くらい無人島で暮らしたい。
人間嫌いではないけど、人付き合いは苦手です。

島はユートピアも表します。ガンダーラ、シャングリラ、アトランティスなど。
周囲の卑俗さからの避難所というイメージですね。
人付き合いは苦手なんだが、コミューンに憧れはある。たぶん60年代、70年代の空気を吸ったからかもしれません。

定まらぬ浮世の恐怖の中の一時の平和と歓喜ということも表しています。





サンフランシスコの湾内に、囚人島がありました。島全体が監獄。もちろん現在は使ってないので観光施設なんだけどね。湾内は流れが速いから脱獄不可能だということらしかったようです。
日本の刑務所ってのは知らないんだが、先日テレビで放映していた北欧の刑務所は快適そうでした。再犯防止教育に重きを置いているので刑務所の中に資格や技術を身につけるものがあり、個室だし食事も好きなものを食べられるみたい。



ソード2的には、無意識の海から浮かび上がる意識や意思と読んだほうがしっくりくるか。





波は静か。
波はもちろん人生の浮沈を表すし、周期的におこる文化の消長を表します。
神話的には踊りと関連するようです。踊りと言えば【世界】を思い出す。メビウスの輪に似た宇宙卵の中に踊る両性具有の人物がいる。

風と波の摩擦によって生まれた宇宙卵の中で踊るのはヴィシュヌ、ヴィシュヌがブラフマーを生む。ブラフマーは宇宙を生む。

踊り
これが全く未経験の分野。ディスコには数回しか行ったことが無いし、クラブに行ったことも無い。シャーマンと踊りって密接な繫がりがあるので経験したい。
日本の宗教でも盆踊り、神楽は信仰と繋がっているし、天理教のておどりも信仰と深いつながりがあると思う。






女帝
小麦や滝に象徴されているように、豊穣と死がテーマです。





女帝・ソード2
心を鎮めて淡々と日々の営みをこなし、日常の行為の中に超越存在と繫がりがある喜びと死を見つめる。




Love & Peace
今月のインタビューを掲載しました、「嘘」について語っています→ http://www.uranai-japan.jp/intervew.html

5月【5月5日から6月5日】の運勢を掲載しました→http://www.uranai-japan.jp/unsei.html

中川昌彦オフィシャルサイト→http://www.uranai-japan.jp/ 








ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

南無無辺行菩薩
南無上行菩薩
南無多宝如来
南無妙法蓮華経
南無釈迦牟尼仏
南無浄行菩薩
南無安立行菩薩

〔雨ニモマケズ〕
宮澤賢治


      edit

0 コメント:

コメントを投稿