2018年4月10日火曜日

Published 23:57 by with 0 comment

4/11(水) 月・カップクィーン

三島駅前にいた鳥です。手が届くところくらいまで近寄ってきました。

今日は東京秋葉原占いマクトゥーブに12時から21時ころまでいます。

今月は、月。
今日は、カップクィーンがテーマ。

カップクィーン
Beautiful, fair, dreamy--as one who sees visions in a cup.
美しく、公正で、夢のような - カップでビジョンを見ている人。

こう述べられています。
visionは啓示と訳したほうが霊的な感じがします。

杯は豪華です。聖杯ですね。
聖杯を持つ女。マリア。




占い上は、コートカードなので、まず人物として読んでみる。
そのような人物が登場しない占的なら依頼者の心情として読む。
依頼者が啓示を感じる。


啓示
啓示(けいじ、 古代ギリシア語: Aποκάλυψις、英語: revelation)とは、神または超越的な存在より、真理または通常では知りえない知識・認識が開示されることをいう。天啓、神示ともいわれる。啓示によって真理が開示され、それによって信仰が成立する宗教を、「啓示宗教」と呼ぶ。
Wikipediaより

啓示を得るためには特別な場所や聖地に行く必要があるだろうか?
特別な呪文や真言を唱える必要があるだろうか?
なにか修行が必要だろうか?特別な才能が必要だろうか?特別な血筋が必要だろうか?
答えは否だと思っています。



日常生活の中に奇跡が起こり啓示を得ると思います。





何十年前だろ。女房にすら「あんたには社会復帰は無理だからダラダラ生きてりゃいいじゃん(笑)」と言われてた。
ダラダラとプレステで遊び、ダラダラと寝て、ダラダラと起きて……

ある日の朝、風呂を洗っていた。
(あ!俺は風呂を洗えている)と感じたときに、ハイヤーパワー(自分を超えた力)の存在を知りました。あの瞬間は感謝の喜びで泣いたなぁ。涙が止まらなかった。

別に変な宗教には入っていませんw








この絵柄は、全てが意識の内です。
一すじの道が描かれています。
昔からの命題「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」を思います。

Paul Gauguin - D'ou venons-nous.jpg
By ポール・ゴーギャン - Museum of Fine Arts Boston, パブリック・ドメイン, Link


我々はなにをすれば善いのか
これも付け加えたい。






月・カップクィーン
出来ることを心を込めてしよう。まずはここからです。






ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

南無無辺行菩薩
南無上行菩薩
南無多宝如来
南無妙法蓮華経
南無釈迦牟尼仏
南無浄行菩薩
南無安立行菩薩

〔雨ニモマケズ〕
宮澤賢治


Love & Peace
今月のインタビューを掲載しました。今月は「過去に見た夢」です。夢と言っても理想のほうじゃなく眠っているときの夢ね→ http://www.uranai-japan.jp/intervew.html 

4月【4月5日から5月4日】の運勢を掲載しました→http://www.uranai-japan.jp/unsei.html

中川昌彦オフィシャルサイト→http://www.uranai-japan.jp/



 
      edit

0 コメント:

コメントを投稿